少年敗走記

辛口の感想もありますがお気軽にコメントしてください

KAITO V3 本気で調声その1

今までもVOCALOIDの調声はいじることにはいじってたんですが、つい先日vsqxというutauのustにあたるものがあると知り、神調教の調声をDAW上で見てみました。

 

驚きましたね。

まずノートの分割が細かい。

「コンクリートが」が「こoouんくりitとoが」と打ち込んであってまるでutauの様。

 

ボカロはV3、V4あたりまで進化するとベタ打ちでも結構歌ってくれちゃうのでまさかここまでフリーソフトutauのように打ち込むとは想像してなかったです。

 

次に目についたのはやはり主にいじってるパラメータはダイナミクスとピッチ。

ダナミクスとは発声の強弱でピッチはそのまま声の揺らぎ。

 

ダイナミクスは上手く使わないと声が大きくなったり小さくなったりして不自然になんですがもっと難しいのがピッチです。

ピッチは下手にいじると音痴になります。

調声に慣れないうちはいっそベタ打ちの方がうまかったな、ってことになりがちです。

 

でもいじらないことにはいつまでたってもベタ打ちから脱却できないので・・・

 

それに歌声ライブラリの特徴も調声を左右します。

神調教師のvsqxを色々なライブラリに流し込んで分かったのですが、

やっぱりKAITOは声が優しすぎる。

 

僕が主に使っているライブラリは鏡音リン、レンV4X、v4flower、KAITO(V3)です。

KAITO以外パワー系のボカロだと感じます。

ロック系のvsqxを流し込んで聞いてみると前者3人がかすれたりいかにも「歌い上げている」感じで歌うのに対し、KAITOは何というか、ちょっと遠くで歌っているような良く言えば優しい、悪く言えば張のない声だなと感じます。

 

ボカロの調声を覚えたい人には向かないかもしれません。ダイナミクスをどういじっても張り上げる声にはならないですから。

 

でも好きなんですよね、この青い兄さん。

僕が初めて買ったボカロでstudio one とpiapro studioの区別もついてなかったころから一緒にDTMを始めた仲間ですからね。

ベタ打ちではじめて「らー♪」と歌わせたときの感動は忘れません。

 

それに彼の強みはやはり男声という点でしょう。レンは中の人が女性なので。

もともと声が高めで高音域も得意でかつ、男声なので低音が無理がない。こもらない。

男の子っぽい声の他のシンガー、レンやflowerはやはり低音が苦手だと感じています。胸で発声するこもった低音になりますね。低いからよけい聞き取りづらいし。

 

僕が兄さんを迎えたころはV3が最新だったのですがいまやV5まで出ているそうで兄さんの強みだった英語も歌える、は最早当たり前になりましたね。

ミクなんか中国語も歌えるし。

 

クリプトンでは失敗作扱いだった兄さん、V3まで出て結構出世しましたがもうこれ以降のバージョンは出ないのでしょうか。

V4、V5とか出たら何が追加されるんでしょうね。

中国語?もっとパワーのあるライブラリとか?

それだと他の男声ボカロとかぶるんでしょうかね。