少年敗走記

LGBT,宗教,DTM、音楽など幅広く。

蟲師「雷の袂」に見る親子の形

蟲師は昔から大人向けの作品だと思っていましたが、続や続2になるにつれて世の理不尽とそれに折り合いをつけて必死に生きる人々の現実を描く話が多くなっていくように思えます。 今回は僕が蟲師で最も好きで何度も見たい話、「雷の袂」について。ネタバレあ…

木ノ葉の里の民度は良くも悪くも普通(NARUTO)

NARUTO世界に残された伏線というか、謎というものを二つばかり解き明かしてみようかと。 ・サクラは幻術タイプ ・英雄の息子、ナルトが忌み嫌われている設定 まず、サクラの方からですが、カカシの言った「サクラは幻術タイプ」というのは間違っていないと思…

NARUTOから学んだ、次の世代に託すということ

僕が初めて自分の次の世代を意識したのは20代前半の頃です。ツイッターで「中学で、高校でLGBTXを告白した」と10代の子たちが堂々と話していたり、本名顔出しで男の娘をやっていたり。ジェンダーレス男子が出てきたり。 びっくりしました。僕が中高の頃って…

NARUTO世界と現代国際社会の共通点

暁は彼ら本人の説明によると ・国家の軍備縮小に伴い戦争を請け負う組織を目指す。 ・国家の軍備が縮小され国々が軍事力を失うのを狙い、その後尾獣を暴れさせ世界を征服する。 ですが、これを現代国際社会に置き換えると 国家の軍備縮小に伴いPMC組織が拡大…

アニメにおける少年役の声優は男性か女性か

僕は普段アニメは気に入った作品を繰り返し見るのであんまり新しいアニメに手を出さないです。最近またNARUTOが再熱してきましてニコ動でナルトのラジオを聴いたりしているのですが、どうしても気になることが。別にNARUTOに限らないんですが、 少年役に女性…

NARUTOの世界の子どもに関する社会制度

NARUTOの世界って結構子供に対しても容赦ない世界ですよね。 もちろん忍(兵士)の世界なのでシビアなのは当然なんですが、それもだんだん国の平和と共に緩和している気がします。木ノ葉創設期からBORUTOまで見ていくとよくわかります。 例えば、 ・木ノ葉の里…

NARUTOの世界の気候は春のように温暖か

僕はNARUTOが一番好きな漫画です。それはこれからの人生でも変わらないと自信を持って言えます。これから先、どんな漫画が世に出ようと僕にとってはNARUTOが永遠に一番です。 なぜか? まず、僕は漫画は基本シリアスが好きです。もちろんギャグ要素も入って…

ナルト、母との再会は悲しいシーンでもあった

カカシの悲しみについて書いた記事ではナルトは悲しい過去を背負いつつも前を向くキャラクターとして話を進めていきましたが、ナルトメインのストーリーで間違いなく悲しいのは母、クシナと再会したシーンでしょう。 分かりにくい悲しみです。 ナルトが初め…

NARUTOで最も悲しいキャラクターはイタチではなくカカシである

「イタチじゃないの?一族皆殺しにさせられて里を抜けた犯罪者にならざるを得なかったんだから」 ってみんな思うでしょう? でも、僕はカカシが最も悲しいキャラクターだと思います。 まずはイタチとカカシを比較してみると ・イタチ 元暗部メンバー。一族皆…

AD-LIVE 2016 の昼公演で梶君と賢雄さんの非凡さを知る

ネタバレあります。ご注意を 敬称略で記載している声優さんの名もありますが、ご容赦を。 声優の鈴村健一さんが主宰しているAD-LIVE舞台。 僕はこの舞台の大ファンで2014からずっとDVDで観ているんですが、ほとんどの公演を見て中でも一番好きな回が2016年の…

アメブロ開設

アメーバブログを開設しました。アメーバは主に音楽中心で書いていきたいと思います。 ameblo.jp

「人生にムダなことはひとつもない」読了。自分の信仰について考えてみた。

タイトル通りです。 僕はひねったタイトルつけるのが苦手なので。 僕はそもそもこういう明るい前向きな自己啓発本みたいなのは嫌いでして。 「希望を捨てなければ道は開ける!」 みたいな、いや何の証拠があるんだよ、その人がたまたまうまくいっただけじゃ…

今敏監督の「パプリカ」を観た

我らが師匠が音楽を担当した今監督の「パプリカ」をとうとう観ました。 今まで後回しにしていたのがもったいないくらいの名作ですね。 めくるめくヒラサワールドを明るい狂人風に視覚化した感じ。 あの、所長のシーン。「内なる小学三年生」とか「私こそがお…

田園に死すを観た

久しぶりに映画を観ました。家でね。 映画って観る前は一本集中して観るのが嫌だなぁと思ってなかなか手を出さないんですが、いざ見始めると一気に観るという性格の僕です。 さて、何で「田園に死す」なんて古い映画を今引っ張り出してきたかというと、この…

歌い手の佳館杏ノ助さんは女性か

まず初めに言っておきますと、僕はこの人大好きです。 民謡、和楽好きとして、子供の頃追っかけてた人です。でも、その頃から思っていたんですがこの人、女性ですよね。少なくとも身体は。僕はFtM なので、同じFtM は見れば分かります。電車でも「ああ、この…

Boseのquiet control 30 半年使ったレビュー

タイトルまんまです。 実は僕、ガジェットが大好きでして。といっても音楽系のガジェットのみです。 ウォークマンとか、イヤホンとかヘッドホンとか。ゲームは基本オンラインなので。今回は僕が役半年使っているbose のquietcontrol30 をご紹介しようかと。…

バイリンガル教育の失敗にゾッとした

日本のみならずどこの国でも人気なバイリンガル教育。でも、もし失敗したら? 僕は大学の環境上、たくさんの「ハーフ」とよばれる人たちと付き合ってきました。日本とどこかの国のハーフが多かったです。彼らはインターナショナルスクールに通い、バイリンガ…

ボーイソプラノの種類分けとおすすめソロ曲 ①

突然ですがボーイソプラノ、興味ありますか? 僕は大好きです。女性のソプラノとはまた違った魅力があると思うので少々語ってみようかと。 今回語るのは完全に僕の意見です。どこにも学術的根拠やら音楽的な裏付けはありません。「そうそう!」とか「そーな…

Choirboysのパトリックが死んだ

お久しぶりです。こうも更新が滞ると久しぶりに記事を書いたときに生きてたのか、と思われるようですが僕は生きてます。 しかし、僕が昔から好きだったボーイズバンド/聖歌隊、Choirboysに所属していたパトリック君が2017年4月に亡くなったそうです。電車に…

人力UTAU一日目。

DTM

とうとう人力UTAUに手を出しました。 人力といえばわかる人にはわかると思うけど、要はキャラのボイスを切り貼りしてボーカロイドのように歌ってもらうというもの。 今まで僕はDTMはボーカロイドのみで人力は聞く側に徹してたんですがニコ動の滑らかないぎろ…

平沢進の話と、セクシャリティのこと

「どんな音楽聞くの?」 「あのー、たぶんご存じないと思いますけれど、平沢進って知ってます?」 「うーん、知らない。」 .............................. 馬の骨であればだれもが一度は経験するシチュエーションですね。 ちょっと説明しておきますと、平沢…

どこまで自認する性に近づくか?

どうも。京です。すっかりほったらかしのまま約4ヶ月......。 三日坊主どころか二日坊主ですが、またまたセクマイの記事です。 「どこまで性自認(希望する性)に近づきたいか?」 これはなかなか簡単には答えが出せません。 戸籍の問題、就職、進学、家族、保…

LGBTはどこまで許されるべきか 伝統か、差別か

昔から気になっていた性差別と伝統の話を少し。 かつて国技館の土俵に少女があがれず決勝大会に出られなかったことがあるそうです。 そう、相撲の土俵に女は上がれません。 これは僕は構わないと思っています。伝統ですし、それを受け継ぐことが国の矜持だと…

はじめに

こんにちは。トランスジェンダーのバイセクシャル、KAIRIと申します。僕は体は女、心は男だと思います。「思います」というのはまだはっきりとはわからないからです。 僕は男なのか?それとも中性なのか?どうやってそれを決めるのか? 未だ五里霧中ですが、…